夢を100%叶えたジイジの日記

素直に見てくれる人の人生がよくなればいいなぁ~という真摯な思いでの発言ですが、成功の秘訣が漏れだすかもしれません。それは発見者の得と言うことで・・・

その言葉がこの世にない

f:id:tenshiangel:20160507213719j:plain

親を亡くした子供を「孤児」

伴侶を亡くした人を「寡婦」「寡夫

 

しかし、
子供を亡くした親を表現するその言葉はありません。

 

なぜか、
その理由は、9.11テロの追悼式典で当時のニューヨーク市長が述べています。

 

それは
子を亡くした親の心痛は、言葉に尽くせないからだということです。

 

英語でも日本語でも、その表現は不可能です。

 

~~~

 

私が、つい先日、子を亡くした親ですが、経験した人だけがわかる

筆舌に尽くしがたい悲しみです。

 

この私を見て、気が小さくなったとか

心が弱いとか、無神経なことを、わざわざ言ってくる人があります。

 

子を思った時、気が遠くなるような・・・

自分の体でないような、まさに表現のしようがないほどの悲しみの底に至るのです。

 

仕事をしていても、ふっと子のことを思い出すと、自然に涙がこぼれます。

夜中も、毎夜目が覚めて悲しみの底で喘いでいます。

この世から逃げ出したい程、爆発寸前の気持ちに耐える日々です。

 

無神経な発言をする人にも、子を亡くす経験はしてほしくないですが、

この気持ちばかりは、経験しないとわかりません。

 

この心労は、時間が解決すると思っていたものの、我々夫婦共に

日を増す毎に悲しみが増大します。

しかし、それに負けないように

生涯、この悲しさと苦しさに耐えて行かねばならないことを、語り合いました。

 

そんな今日、38歳で天国へ行った息子が11歳の時書いてくれたメモが見つかりました。

私の誕生日にプレゼントをくれて、添えてくれたメッセージでした。

 

もう、これを見た瞬間、気を失いそうになるほどの大きな悲しみに包まれて、

1時間以上も、そこから動けませんでした。

 

いくら気が強い男性でも、子を亡くした悲しみには耐えられないものです。

人前では気丈を装うも、一人になれば別人のように・・・