読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を100%叶えたジイジの日記

素直に見てくれる人の人生がよくなればいいなぁ~という真摯な思いでの発言ですが、成功の秘訣が漏れだすかもしれません。それは発見者の得と言うことで・・・

この愛は、どこへ

孫たちに、ほとんど毎日絵本を読んであげています。

私の部屋の、私だけが座る専用のソファーで、

私の膝にちょこんと座った女の子にひざ掛けをのせて、

ぬいぐるみを抱っこしながらの朗読。

 

今回は「うまれてきてくれてありがとう」を読んであげましたが、

これは、彼女のお気に入りで、もう何度も読んでいます。

 

それでも、読んでいると、我が子が幼かった日々を思い出します。

目頭を熱くしつつ、、、

 

生まれた病院でのこと。

 

毎日お土産を買って帰らないと2歳の息子が怒るので、ペロペロキャンディーの大袋を車に乗せておいて、毎日1本ずつ渡していたのに都度大喜びだったあの日。
若きサラリーマンで貧しかった頃でした。

 

幼稚園のお遊戯会は、親も子供といっしょにお遊戯させられるので、イヤイヤ行ったあの日の光景。

 

小学生になった彼は、親の欲目ではなく、天才的に演劇が上手く、会場から常に大喝采を浴びていたもの。
自慢げに、誇らしげに、ちょっと目頭を熱くしたあの日。

 

二人で魚釣りに行ったら、他の釣り師に「おねえちゃん」と呼ばれて、影で「おねえちゃんじゃないわっ!」と怒っていた息子ながら少女のように可愛かったあの日。

 

走馬灯のように思い出が駆け巡ります。

 

そんな息子は、昨年の4月、心臓発作で突然息を引き取りました。

なぜか・・・親よりも早く。

 

前の晩は、いつも外食にさそっても親といっしょを避けるのに、、、

一呼吸あって、

「うん、行こうかな」

「いっしょに行っとく」と納得したかのような返事。

 

こうして外食をした行きつけの店は、彼が居なくなってから行けなくなりました。

彼の人生最後の食事。

 

店までいっしょに歩く姿、孫達と楽しげに手を繋いで歩いていた後ろ姿。

 

これらの思い出が、私達をつらくさせます。

 

妻など、その店の途中まで歩いていっても、道端で泣き崩れてしまい、

もう、私達夫婦は、その店に行けなくなりました。

 

いくら可愛い孫でも、息子とは違います。

 

悲しみを紛らわす存在には、なりえません。

、、、違うのです。

f:id:tenshiangel:20170102165350j:plain

 

 

広告を非表示にする